パラディドルをやってみよう!その1

こんにちはエフェクトミュージックスクールです。
今日はドラムのお話。

ドラムを叩いていく過程で必ず通るパラディドル。
日々のパッド練習で叩いている人もたくさんいると思います。
ではパラディドルってなんでしょう?

ルーディメント、右左右右 左右左左、便利な手順、シングルストロークとダブルストロークの組み合わせ、脳トレなどなど

答えは色々あると思うし、どれも正解だと思いますが、Jojo Mayerさんは「パラディドルはメロディ」と言っていました。
うーん。おっしゃる通り。非常に納得です。
手順やメソッドというやや堅苦しいものからすごくシンプルで感覚的なものになった気がしますよね。
オルタネートでもできる音符をあえて違った手順でやるわけですから、その手順でしか生まれないメロディが生まれて当然です。
そもそも、そのメロディを入れたいからパラディドルを使うという順序の方が正常ですよね。
毎日練習してるけど使いどころに困っている方、参考になればと思います。

もちろん一つの音で練習するのも良いですが、
左右やアクセントで音を振り分けて自分の好きなパラディドルのメロディを見つけてみてはいかがでしょうか?
—————————————————————————————————————————————
エフェクトミュージックスクール
三軒茶屋自由が丘下北沢池袋明大前成増エリアでレッスンを承っております。
ボーカルレッスンサックスレッスンギターレッスンベースレッスンドラムレッスンキーボードレッスン
などなどお気軽にお問い合わせください!
初心者の方、大歓迎です。一緒にうまくなりましょう!

—————————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA